福祉工房

福祉工房の現場をご覧ください。

ワインにもピッタリ!「のびのび」の挑戦

なぜか浮かんだ、懐かしい「縁日」の光景 「ん? 美味いな」 ふだん甘いものは滅多に口にしない私ですが、この夜は違いました。執筆を終えた夜、自分へのご褒美気分で辛口の白ワインを口に含み、ブラウン色のクッキーを頬張ると、不思議な〝化学反応〟が起きたのです。 「アーモンドプラリネ」。生地にラム酒が沁み込んだ…

続きを読む

こだわりのラスク製造の工房を訪ねて

sweet heart projectで取り扱わせていただいている商品の一つに、「社会福祉法人嬉泉(きせん) 板橋区立赤塚福祉園 ワークセンターはばたき」の「ラスク」がある。円柱型のパンを薄切りにしたベーシックな形の「ラスク」の味は…

続きを読む

調布を耕す会でのお菓子作り

人は誰しも、日々の生活や打ち込むことに楽しさと誇りを持っていることで輝くものです。
自己実現と満足、と言った、ある意味一見深いようだが実は手垢にまみれた観念的表現が陳腐に感じるような、清々しくとても瑞々しい現場を見させていただきました。

続きを読む

sweet heart project に参加している福祉工房


でこぼこパートナーbumpy

NPO法人発達凸凹サポーターてくてくが運営するでこぼこパートナーbumpy。bumpyは、大阪府大東市にある福祉施設です。bumpy(バンピー)とは(地面などが)でこぼこの、という意味です。でこぼこした道は歩きにくくても、支え合えば大丈夫という願いが込められています。

Joint Joy

京都府八幡市にある福祉施設で、JointJoyとは、喜びをつなぐ、ただそれだけの場所でありたいという願いから名づけられました…

カプカプ

横浜市旭区、ズーラシア近くにある「西ひかりが丘団地」の一角で喫茶店を営みながら、波乱万丈、痛烈愉快なカプカプーズたちが日々生み出す、唯一無二のオリジナルグッズとお菓子を販売しています。

sweet heart project 実行委員会について

実行委員長 東光篤子

事務局 東京都中央区入船3−2ー7 第2明治ビル6F (木下財団内)

http://sweet-hearts.org
facebook

パートナー

社会福祉法人 木下財団 kinoshita-zaidan.or.jp

木下財団のはじまりは、社会福祉法人木下財団豊洲厚生病院という無料で医療を提供する病院でした。「世界から貧困と疾病と無気力を及ぶ限り除しようとするものであります」が設立者の木下茂(株式会社木下産商) の趣意書の一文です。設立から59年経過した今もなお、障がいをもった方々の福祉のために、国の援助の対象とならない小規模な施設に対して、民間の助成財団だからこそできる柔軟な助成事業を続けています。またボッチャの日本導入を当初から支援し、パラリンピックでの躍進にも貢献しました。

昭和37年   社会福祉法人木下財団として設立
       豊洲厚生病院の経営および社会福祉事業ヘの助成
昭和56年   社会福祉法第二条3の助成事業を行うとして新発足、今日に至る

設立時基本財産  5億5千万円

その小さな光は未来を照ら出しします(メッセージ)

一般社団法人 Arts and Creative Mind
(ACM Gallery) http://aacm.tokyo

ACM Galleryは、障がいがあるなど社会とのアクセスが難しいアーティストをサポートし、企画展の開催や海外アートフェアへの出展、作品の国内外での販売を通して、彼らの活躍する場を創造するソーシャルファームです。全国各地を訪ね出会った作品を厳選し、取り扱い作家は54名に上ります。様々な表現する人たちとその作品は、私たちに新たな視点をもたらします。作品から放たれる個性とひらめきから、人々が多くを学べるように。そして、アートとともに暮らすことで、私たちの日常が、社会が、少しずつ変化していく。そうした体験を一人でも多くの方と共有し、仲間を増やしていきたい。そんな願いを抱きつつ、私たちは行動します。今後は、多様な人々が創るアートを軸に、自然と共生する持続可能な地域社会の構築のため農福連携事業を展開予定。


一般社団法人 AOAart https://aoaart.or.jp/

Autistic or Artistic?=自閉症か、アートか?
私たちAOAartは、この問いを原点に世界各地の仲間とともにアートを通じた様々な支援活動をしています。はじまりは、2008年、北京の美術大学の若いアーティストたちが自閉症の人たちの創るアートに触れた時の感動でした。そこから芽生えた支援の輪が、韓国、イギリス、そして日本へと広がり、2014年に一般社団法人AOAartを設立しました。自閉症者のアート活動を支援するワークショップを月一回のペースで定期開催し、それぞれの個性を生かしながら質の高い作品を制作しております。また、展覧会やイベントの開催を通じて広く社会へと発表しています。

株式会社トプコン
https://www.topcon.co.jp

トプコンは、『「医・食・住」に関する社会的課題を解決し、豊かな社会づくりに貢献します。』を経営理念に掲げ、「医(Healthcare)」、「食(Agriculture)」、「住(Infrastructure)」それぞれの分野でDX(デジタルトランスフォーメーション)ソリューションを提供しています。
トプコンでは、2006年より年末年始にクリスマスイルミネーションを実施しており、今回見学にこられた地域住民の方々向けのギフトにSweet heart projectのお菓子を採用させて戴きました。お子様をはじめ皆様に大変喜んで戴きました。今後もSweet heart projectの趣旨に賛同し「福祉のお菓子」を、社員をはじめ地域の皆様や取引先に楽しんで戴ける様取り組んでいきます。

トプコンから広がるやさしい想い

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。